海外の山
海外の山に登った経験は殆ど有りませんが、観光旅行やトレッキングで眺めた山、山頂に立つ機会に恵まれた山など、夫々に、国内とは違った感動がありました。今までに目にした風景を簡単に紹介します。

海外の山の一覧表
1997/5 スイスアルプス
1999/1 ニュージランド南島
1999/9 カナディアンロッキー
2000/3 ネパール・アンナプルナ山麓
2000/7 チロル・ドロミテ
2003/3 キナバル山
2006/12 ウルル、カタ・ジュタ
2007/6 中国・四川省
2007/9 中国・新彊ウィグル自治区
2008/2 ベトナム、カンボジア
2009/4 トルコ
2011/10 アメリカ西部


スイスアルプス(1997/5)
観光旅行でスイスを訪れた時に、インターラーケンのホテルから眺めた赤く染まる夕暮れのユングフラウ、登山電車でユングフラウヨッホに登りアイガーほか周囲の山々の景色を見る事が出来ました。



ホテルから見たユングフラウ


アイガー


ユングフラウヨッホから見た
アイガー方面の眺め




ユングフラウヨッホからのアルプスの山々の展望




ユングフラウヨッホからのアルプスの山々の展望


ニュージランド南島(1999/1)
ニュージランドに観光旅行で訪れ、クック山麓にあるフッカーバレーのハイキングを行い、ルートバーントラック入口のキーサミットに登頂をしました。



フッカーバレー


クック山


クック山の夕暮れ



ルートバーントラックの入口


キーサミットの山頂付近


キーサミット山頂からの眺め



キーサミット山頂からの眺め


カナディアンロッキー(1999/9)
カナディアンロッキーの展望を楽しむため、サンシャイン・メドゥウ、ラーチバリー、マウント・ロブソン山麓などのハイキングを行いました。



ロックアイルレイク付近


ラーチバリーの草原から見たテンピークス



キニーレイク


ロブソンランチから見た
マウント・ロブソン



マウント・ロブソンの夕暮れ

ネパール・アンナプルナ山麓(2000/3)
アンナプルナ山麓を一週間に亘り、ヒマラヤの8000m峰々を展望しながらトレッキングを行いました。ダウラギリの朝焼けを見る為に、標高3210mのプーンヒルに登頂しましたが、一日目は雲に覆われて見えず、翌日、夜中に降り積もった雪の中を再度トライしました。トレッキングが終わってカトマンズに戻ってから遊覧飛行でエベレストの展望を楽しんで来ました。



夜明けのマチャプチャレ


マチャプチャレのズーム


アンナプルナ



アンナプルナ・サウスのズーム


プーンヒル山頂にて


プーンヒル山頂(翌日)



ダウラギリ


ダウラギリのズーム


飛行機から見たエベレスト



エベレストとローツェ


ガウリ・シャンカール


チョ・オユー方面の眺め

チロル・ドロミテ(2000/7)
チロル・アルプスのトレッキングでクロイシュビッツェ(3498m)に登頂予定でしたが、突然の積雪と吹雪き気味の天候で残り30分位の地点で時間切れで断念しました。この後、ホーエムート(2670m)登頂、ガルデナ谷、ドロミテドライ・チンネンなどのトレッキングを行い山々の展望を楽しみました。



クロイシュビッツェの中腹にある
マルチンブッシュヒュッテ



クロイシュビッツェへの登り


頂上まであと僅かだが登頂断念



ホーエムート山頂のヒュッテ


ホーエムート山頂にて


ガルデナ谷のホテルからの展望



ドロミテの針峰群


ドライチンネン


ドライチンネンヒュッテ付近の展望

キナバル山(2003/3)
富士山より高い山に行って見たいと思い、ボルネオ島のキナバル山(4095m)に登りました。パークヘッドクォータから車で約20分の所に有る登山口を11時に出発し、ラバンラタレストハウスに16:30に到着して宿泊しました。翌朝、2:45にレストハウスから最高点のローズピークまで往復した後、レストハウスで朝食を済ませて、15時頃に登山口に戻って来ました。山頂に向かった日には、朝から生憎の曇り空で、レストハウスから下では雨降り、と天候には恵まれませんでしたが、予定通り登頂できて満足出来る2日間でした。



麓の売店とキナバル山の遠望


登山口のゲート、入山には
許可証が必要です



ローズピークに向かう、道標の為に
頂上までロープが張ってありました




最高点のローズピークにて


ローズピークからの下山


セントジョーンズピーク



ドンキーイヤーズピーク


サヤサヤヒュッテ
ここで登頂者の数を確認してました



麓から見上げたキナバル
山雨降りで多数の滝が出来てました


ウルル、カタ・ジュタ(2006/12)
オーストラリアに有る世界遺産で、この辺りは広大なウルル、カタ・ジュタ国立公園になってます。ウルルは山頂まで1時間程度なので登って見たかったのですが、強風の為に登山口が閉鎖されて居たので、麓を一巡するハイキングに変更しました。随所に先住民アボリジニの聖地や遺跡があって、変わった風景と共に、自然遺産と文化遺産の両方に指定されてる事を実感する旅でした。



夕日に照らされたウルル
紫色に見えるのは珍しい現象だとか



日の沈む方向は雷雨
時々稲妻が見えました



朝日に照らされたウルル



ウルルの登山口付近


麓には随所に洞窟が有りました


洞窟内のアボリジニの壁画



トレイルの入口付近から見たカタ・ジュタ


谷間に有った水溜り
砂漠では珍しいとか
オタマジャクシが居ました



国立公園内の車道から見たカタ・ジュタ

中国・四川省(2007/6)
世界自然遺産の九さい溝、黄龍のエメラルドグリーンに輝く数々の湖、富士山頂位の標高に広がる広大なゾルゲ大草原や花湖、黄河九曲第一湾など、四川省の大自然を満喫して来ました。こちらのアルバムもご覧になって下さい。



エメラルドグリーン
が見事な五花海



標高3103mの最上部
に有る長海



雪山梁(4328m)



雪宝頂(5588m)


ロープウェイ山頂駅
(3600m)からの展望



ロープウェイ山頂駅
(3600m)からの展望




石灰岩の段々畑
のような五彩池



玉翠山(5100m)


ヤクが放牧された草原



高山植物の花が
咲き乱れる草原



花湖


黄河九曲第一湾

中国・新彊ウィグル自治区(2007/9)
シルクロードの天山南路、西域南路に沿ったオアシス都市を巡り、その周辺にある古代からの遺跡や天山山脈、崑崙山脈の山々の景観を楽しんで来ました。こちらのアルバムもご覧になって下さい。



敦煌・鳴砂山と観光用の駱駝


ウルムチ・天池とボゴダ山脈の雪山


カシュガル・カラクリ湖に向う途中の
ビューポイントから見た砂山





カシュガル・カラクリ湖から見たコングール山(7643m)



カシュガル・ビューポイント
付近の湿地帯



カシュガル・カラクリ湖から見た
ムスターグ・アタ山(7546m)



カシュガル・コングール山を背景に
駱駝の上でご満悦




カシュガル・スバシ峠(4100m)
から見たコングール山



パキスタン国境まで続く
パミール高原の道路



タクラマカン砂漠
クチャから250キロ地点




クチャ・地層が経典を重ねたようだ(?)
と云うビューポイント



クチャ・地球の創世記を思わせる
ような地形だとか(?)



クチャ・キジル千仏洞付近
の赤い色をした天山山脈の支尾根





クチャ・キジル千仏洞に向う途中で見た天山山脈の山並



南彊鉄道の車窓から間近
に見えた天山山脈の山



トルファン・西遊記の舞台にも
なった火焔山



トルファンからウルムチに向う
高速道路から見た天山山脈


ベトナム、カンボジア(2008/2)

世界遺産になっているベトナムのハロン湾、カンボジアのアンコール遺跡を見て来ました。今回の旅行は残念ながら山は有りませんでした。こちらのアルバムもご覧になって下さい。



遊覧船から見た
ハロン湾の景観



ハロン湾の水上村


鍾乳洞の入口付近



アンコール・トム


アンコール・ワット


樹木に覆われたタ・プロム



バンテアイ・スレイの女神像


カンボジアの民族舞踊
アプサラダンス



メコン川・タイソン島の水路

トルコ(2009/4)

イスタンブール、トロイ遺跡、パムッカレ、カッパドキアなどトルコの世界遺産を見に行った時に、各地から眺めたトルコの山々です。観光地の写真についてはこちらのアルバムもご覧になって下さい。



パムッカレに行く途中でバスの車窓
から見たババ山(約1500m)



パムッカレの石灰棚から見た
ハタン山(約3200m)



コンヤに向かう途中の道端から見た
スルタン山脈(約2400m)





内陸に入ってくると樹木の無い
山々が多くなって来ます



カッパドキから見た
エルジェス山(3912m)



カイセリ空港に向かう時にバスの
車窓から見たエルジェス山


アメリカ(2011/10)

ヨセミテ、セドナ、グランドキャニオン、モニュメントバレーイなど、アメリカ西部旅行で見た山岳風景です。観光地の写真については
こちらのアルバムもご覧になって下さい。



ヨセミテ・トンネルビュー


ヨセミテ川とハーフドーム


ヨセミテ滝




セドナ・ベルロック


グランドキャニオン


グランドキャニオン



グランドキャニオン


モニュメントバレー


モニュメントバレー



トップに戻る